ダーチャ事件簿

2地域居住しながら3人子育て。我が道を行くハカセに振り回されるママの日常。

なぜ「首都圏で賃貸暮らし、地方に家を買う」という選択をしたか

ひとこと 土地の価値とは、どれだけ食べ物を生産できるかである。 そもそもなぜダーチャを買ったか。 ダーチャを買う前(2014年頃)、我々も都内に家を買おうとしてたんです。でも、60㎡以上のファミリータイプのマンションは中古でどんなに安くても4…

ママの誕生日

ひとこと 2地域居住をする・できるのは家族がいるから。 【注意】以下ノロケてます いつからか年をとることが嫌になってきた私。30代後半になってからは子どもに「何歳?」って聞かれてもごまかすようになった。 そんな私の×回目の誕生日。朝から「あー、…

同じ県内?(内見物件2件目①)

ひとこと 希望エリアは平成の大合併前の市町村単位で絞った方がいい はじめに、昔流行った本のタイトルの通り、ママは地図が読めません。物件の距離感は東京基準でしか考えておらず、物件と物件の距離を考えずに、内見予約してしまいました。 ハカセも「東京…

森の中の別荘(内見物件1件目)

ひとこと 中古物件はどんな人(家族構成)がどういう用途で使い、なぜ手放すことにしたのか聞いてみよう 2015年1月末、雪深い森の中にその家はあった。 物件紹介誌『ふるさとネットワーク』で見たときは、高い(我々の予算1000万円の1.5倍以上)け…

移動と子どもたち

ひとこと 移動は子供が寝ている間にするのがおすすめ。 東京から北杜市まで中央道の渋滞がなければ高速で片道2時間半。渋滞があれば7時間てこともあり、小さな子供にはかなりキツイ。 そのため、われわれが考え出したのが子供が「寝ている間移動」。 物件…

ダーチャ探し再び

親切な不動産屋『大泉土地』さんに教えてもらった 不動産屋『ふるさと情報館』 www.furusato-net.co.jpを早速調べてみる。 すると、最新の情報をホームページではなく、『ふるさと情報館』発行の月刊誌『ふるさとネットワーク』(見本誌一冊無料、定期購読会…

振り出しに戻る

ひとこと 土地探しは、誰(夫?妻?)が、何をしたいのか(家庭菜園?スキー?避暑?)をはっきりさせてからがおすすめ。 数時間をかけて物件探しに行ったのに、一件も内見することなく帰途につくことに。折角だから、標高1,500mの世界を体験して帰ろ…

ボリュームゾーンですよ

八ヶ岳周辺の不動産業者『大泉高原土地』(以下、大泉)さんは大変親切でした。 到着までに長男くん(3歳)が車に酔って吐いてしまうトラブルがあり、ヘトヘトだった我々を温かいコーヒーで歓迎してくれ、 我々が別荘(という名の山小屋)探し初心者と知る…

いざ、物件探し!いえいえ、素人はこれだから・・・

20XX年1月のとある週末。 家でグダグダしていても仕方ない、我々のダーチャを探しにいこう! と、とりあえず西に向かって山梨へ。 結婚前は登山が趣味だったハカセにとって山梨はあこがれの地。 私も特に希望がなかったので、山梨周辺でダーチャ探しの第…

2地域居住という選択肢があったんです

ひとこと 2地域居住は、優雅な別荘暮らしとは別物である。 居住者の汗と時間を捧げなければならない。 桒 桒 桒 桒 桒 桒 桒 桒 桒 桒 桒 桒 桒 桒 桒 登場人 ハカセ41歳(筆者の夫、ニックネームは「理系だから!」という文系筆者ならではの発想から) …

親バカ?

理系分野の研究を志す者ならば、一度は夢見るノーベル賞。 長男くんが1歳だったとき、冗談で「将来、ノーベル賞をとっちゃうかも」と言ったら、 ハカセ「いや、長男くんが凄い研究をして、むしろ長男くんの名前の賞ができちゃうから。」 親バカ、ここに極ま…